2014年08月02日

立体図形への布石

我が家の子供は5年生、夏期講習も長期間になりそれなりに慌ただしく過ごしています。

そうはいっても夏休み。普段よりは時間が取れる気もします。


さて、立体図形についてです。
我が家は所謂早期学習はしておらず、4年生の入塾までは市販のドリルを解いたり、たまに無料の塾テスト(日能研、四谷)を受ける程度。
4年生からは算数は少しづつ先へ進めていますが、中学受験の立体図形(特に立方体の切断など)はまだ未知の世界です。

立方体の切断について家庭で学ぶのにいい教材はないかなと調べてみました。

エルカミノという塾の代表をされている村上綾一さん監修の
「立方体の切断の攻略」という、透明な枡形の中に色々なパネルを入れてみるパズルっぽいトレーニングツールはイメージをつかむのに良いかもしれないです。
子供自身に作ってもらうのも良いかな?と思い、購入に至っていないのですが、買って色々試しで遊んだほうが早いかも。

また、
実際に立方体を切り刻んで色々な形の出現を知ってほしいなと思って、適したものはないかしらと調べたり考えたりもしてみました。それでも中々良いなと思うものが無くて。。

自分が思いついた中では、食材だと、出来あがりで売っている揚げだし豆腐とか、厚揚げを立方体に切って使うのは良さそうかなと思っています。

どの単元もそうですが、苦手意識を持ってしまうと後が大変なので、できるだけ楽しく導入できたらいいなと思っています。




posted by remisu at 18:14 | Comment(0) | 通塾の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。